1. ブックライブ(booklive)評判。電子書籍の最新情報チェックしよう!
  2. 電子書籍ストア2|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  3. ブックライブ作品3|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  4. プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報

BookLive「ブックライブ」のプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ無料試し読み


昭和44年。1台の日本製ピアノがヨーロッパ中の話題をさらった。美しい音色に、素晴らしい鍵盤のタッチ。18世紀イタリアで生まれ、「楽器の王様」と称されるピアノ。その300年のピアノの歴史に名を刻んだ、日本の職人たちの執念のドラマを描く。戦争の傷が未だ癒えない昭和25年。一台のコンサート用グランドピアノが、東京日比谷公会堂で発表された。作り上げたのは、浜松の楽器メーカー、ヤマハ。聴衆の期待は高まったが、結果 は、「タガのゆるんだ音」と酷評される。ピアノが誕生して以来、ピアノメーカーの雌雄を決する最高級のコンサートグランドピアノの分野は、欧米メーカーが圧倒的に優位 に立っていた。「日本人にピアノが作れるはずがない」とまで言われていた。15年後の昭和40年、ピアノ作りは大きな転機を迎える。名ピアニスト・ミケランジェリとともに来日していた、イタリア人調律師・タローネが、「東洋の日本で、これほどまでにピアノ作りに情熱を燃やしているとは」と、ピアノ作りに協力することを約束。これを機に、「もう一度世界一のピアノを目指す」プロジェクトが発足する。途方もない挑戦に燃える男たち。木工担当の鈴木辰次(36歳)は、親方田中喜三郎からたたき込まれてきた木工職人の技で、20トンに達する弦の張力に耐える強度を持ち、美しく鳴り響くピアノのボディを組み上げていく。さらに調律担当の村上輝久(37歳)は昭和41年、「理想の音」を探求するため、ヨーロッパに渡り、腕を磨いていく。昭和44年1月。完成したピアノを世界に知らしめる機会を得た。場所はイタリア・パドヴァ。演奏するのは、天才ピアニスト・リヒテル。ヤマハの技術者たちが、固唾をのんで見守る中、リヒテルは静かにピアノを弾きはじめた…。その結果は。新たな伝説の始まりだった…。西洋音楽の伝統に挑戦した、日本の職人たちの熱き戦いのドラマを描く。
続きはコチラ



プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ詳細はコチラから



プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノ


>>>プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノの購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノを使用すれば、部屋の中に本棚のスペースを確保する心配は不要です。加えて、新刊を買うためにショップに行く手間を省くこともできます。こういった観点から、利用を始める人が増加しているのです。
「サービスの比較はせずに決めてしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも変わりがないという考えをお持ちなのかもしれないですが、サービスの内容は会社によってまちまちですから、比較することは非常に大事だと断言します。
「漫画の所持数が多すぎて置き場所が確保できないから、購入したくてもできない」といった事態にならないのが、BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノが人気になっている理由なのです。どんどん購入しても、整理整頓を検討する必要はありません。
ユーザー数が加速度的に増えてきているのが評判のコミックサイトです。2~3年前までは漫画は単行本で買うという人が大半でしたが、電子書籍の形式で買って閲覧するというユーザーが増加しつつあるのです。
新作が発表されるたびに漫画を買うと、そう遠くない時期に置き場所に困るという問題が生じます。ですがBookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ リヒテルが愛した執念のピアノであれば、収納スペースに悩む必要がなくなるため、狭い部屋でも気にすることなく楽しむことが可能なのです。


ページの先頭へ