1. ブックライブ(booklive)評判。電子書籍の最新情報チェックしよう!
  2. 電子書籍ストア2|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  3. ブックライブ作品3|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  4. プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘い|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報

BookLive「ブックライブ」のプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘い無料試し読み


1991年、東京世界陸上100メートル走決勝。すでにその時代は終わったと誰もが思っていたカール・ルイスは、9秒86の世界記録を樹立し、金メダルを獲得した。その足には、日本のスポーツ用品メーカーと、神戸長田区の靴問屋が二人三脚で作り上げたスペシャルシューズが履かれていた。 ミズノ入社4年目の木村隆也は、1987年、信じられない命令を受けた.ロス五輪で4冠に輝いたあのカール・ルイスの靴を開発する任務だった。当時、スポーツのコマーシャリズムはアマチュアの陸上界まで席巻。ミズノも広告塔としてのルイスに期待して契約を結んだ。しかし、ベン・ジョンソンの出現、ソウル五輪の屈辱を経るうちに、メーカーとしての商品化を度外視して、世界記録樹立に貢献する道を探り始める。木村は、靴問屋や繊物工場の協力を仰ぎ、世界最軽量 115グラムの靴を作り上げていった。 スポーツと企業のあるべき関係を模索しながら、世界記録の陰でトップアスリートを支え続けた「スペシャルシューズ」プロジェクトを描く。
続きはコチラ



プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘い無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘い詳細はコチラから



プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘い


>>>プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いの購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




入手してから「期待したよりも面白いと思えなかった」ということがあっても、本は返品することなどできるはずがありません。けれど電子書籍なら試し読みが可能ですから、そうした事態をなくせるのです。
漫画マニアの人にとって、コレクショングッズとしての単行本は値打ちがあるということは承知しているつもりですが、「漫画は読めれば十分」という人だとすれば、スマホで読めるBookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いの方が重宝します。
「本棚が漫画で溢れている状態で収納場所がないから、買うのを躊躇してしまう」といった事態にならないのが、BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いが支持される理由です。何冊購入しても、保管のことを考えることはありません。
サービスの中身は、会社によって変わります。因って、電子書籍を何処で買うかというのは、比較検討するのが当たり前だと考えています。軽い感じで決めるのは禁物です。
BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 復活への舞台裏 カール・ルイスの魔法の靴超軽量シューズ 若手社員の闘いはノートパソコンやスマホ、タブレットでDLすることができます。最初だけ試し読みをして、その本を買うかどうかを決断するという方が少なくないと聞きます。


ページの先頭へ