BookLive「ブックライブ」のEM・ONE応援ブック無料試し読み


新興携帯キャリアであるイー・モバイルは、他キャリアと比べるとまだサービスが十分でないためか、同社が発売した新製品「EM・ONE」の売上げはW-ZERO3には及ばなかった。しかし、ひとたび端末に目を向けると、これが既存のWindows Mobileスマートフォンとは一線を画する高スペックマシンであり、長年のモバイラーの夢でもある「モバイルブロードバンド」というコンセプトを実現した端末であるのは間違いない。この端末のよさを伝えるために、ベストセラー「W-ZERO3応援ブック」シリーズの著者である伊藤浩一が、再び立ち上がった! 本書では、スマートフォンの応援団長である著者が、この端末の魅力をたっぷりと紹介する。
続きはコチラ



EM・ONE応援ブック無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


EM・ONE応援ブック詳細はコチラから



EM・ONE応援ブック


>>>EM・ONE応援ブックの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」EM・ONE応援ブックの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するEM・ONE応援ブックを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はEM・ONE応援ブックを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してEM・ONE応援ブックを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」EM・ONE応援ブックの購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本や漫画類は、書店で内容を確認して買うことにするかどうかを決める人が多いらしいです。だけど、このところはBookLiveEM・ONE応援ブックのサイト経由で1巻だけ購読し、それを買うか判断する人が増加しています。
コミック本というものは、読み終わった後に古本屋などに持ち込んでも、殆どお金になりませんし、もう一度読み返したいと思ったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックなら、収納スペースが不要なので片付けに困るというようなことが皆無です。
無料電子書籍をうまく活用すれば、暇で暇で手持無沙汰で困るなどということがゼロになるはずです。お昼休憩や通学の電車の中などでも、思っている以上に楽しめると思います。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入していますから、ちゃんと比較してから「どの電子書籍に登録するのか?」を決定することが必要です。扱っている本の数やサービス、料金、使い心地などを見比べることが肝になるでしょう。
わざと無料漫画を並べることで、集客数を引き上げ収益増に結び付けるのが事業者にとっての狙いですが、一方のユーザー側にとっても試し読みができるので、躊躇なく購入できます。


ページの先頭へ