BookLive「ブックライブ」の水底(みなそこ)の光無料試し読み


不倫の相手と別れ、心の痛手を抱える奈々子に、蛍を見に来ないかと京都の義姉から誘いが届く。そこである秘密を告白され…(「闇に瞬く」)。成功した写真家の夫との間に娘のある絵美子。6歳年下の画家の浩之と、ともに家庭のある者同士が溺れる、刹那の恋(表題作)。そのほか、不条理な恋の闇の中で、一筋の光を見出しながら歩む女性たちと、断ちきれない男女の関係を、「光」の風景を織り交ぜて描く。大人でなければできない恋愛の小品集、全6篇。
続きはコチラ



水底(みなそこ)の光無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


水底(みなそこ)の光詳細はコチラから



水底(みなそこ)の光


>>>水底(みなそこ)の光の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」水底(みなそこ)の光の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する水底(みなそこ)の光を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は水底(みなそこ)の光を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して水底(みなそこ)の光を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」水底(みなそこ)の光の購入価格は税込で「530円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料漫画を満喫できるということで、利用者が増加するのは当然だと言えるでしょう。書店と違い、他者の視線を気に掛けることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍だけの利点だと思います。
基本的に本は返せないので、内容を理解してから支払いをしたい人には、試し読みで確認できる無料電子書籍はすごく便利に使えます。漫画もあらすじを確認してから買えるのです。
読み放題というサービスは、電子書籍業界からすれば全くもって斬新的なトライアルなのです。買う方にとっても出版社側にとっても、プラスの面が多いと言っていいでしょう。
移動中の空き時間も漫画を楽しみたいと願っている方にとって、BookLive水底(みなそこ)の光ほど有用なものはないのではと思います。たった1台のスマホを持ち歩くだけで、いつでも漫画が楽しめます。
カバンを持ち歩くことを嫌う男性には、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのはすごく助かります。言ってみれば、ポケットの中に入れて本や漫画を携帯できるわけです。


ページの先頭へ