1. ブックライブ(booklive)評判。電子書籍の最新情報チェックしよう!
  2. 電子書籍ストア3|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  3. ブックライブ作品5|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報
  4. プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里|ブックライブ(booklive)電子書籍最新情報

BookLive「ブックライブ」のプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里無料試し読み


平成元年2月。佐賀県の小さな丘から発見された弥生時代の遺跡が、日本中の注目を集めた。吉野ヶ里、九州での高い文化の存在を示す巨大遺跡である。わずか2ヶ月で100万人もの観光客を集め、古代史ブームを巻き起こした。その影には地元に住むある親子のドラマがあった。  昭和35年、高校で歴史の教師をしていた七田忠志(47歳)は、土器片が見つかる町はずれの「吉野ヶ里の丘」に興味を示し、息子・忠昭を連れて通 い始めた。「わが故郷には、すごい古代文明があった」。そう確信した忠志は、数多くの論文を発表。しかし、「そんな田舎にあるはずがない」と誰にも相手にされず、失意のうちに亡くなった。  そして、昭和61年、吉野ヶ里に工業団地の建設計画が持ち上がる。それに先立つ発掘調査の指揮を執ったのが、県の文化課に勤めていた息子の忠昭だった。父の夢をつなごうと、5人の若手職員を率いて、発掘を続けた。するとまもなく、巨大な集落跡が出現、日本有数の弥生遺跡であることが明らかになる。しかし、工業団地を造成するブルドーザーがの乗り込み、遺跡の運命は風前の灯火となった。忠昭はわずかな望みをかけ最後の発掘に挑む。そこには日本の歴史を書きかえる世紀の発見が待っていた。  故郷の誇りを取り戻そうと、必死に大地と格闘した親子の30年に渡る情熱の物語を描く。
続きはコチラ



プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里詳細はコチラから



プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里


>>>プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里の購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「出版されているすべての漫画が読み放題なら、これほど素晴らしいことはない」という漫画好きの声に応える形で、「決まった金額を月額料として払えば毎回の支払いは不要」というプランの電子書籍が考案されたわけです。
無料電子書籍をうまく活用すれば、突然アポイントがなくなってしまっても、時間を無為に過ごしてしまうなどということがほとんどなくなります。バイトの休み時間や電車での移動中などでも、それなりに楽しむことができるはずです。
顧客数がいきなり増加してきたのが無料のBookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里です。スマホだけで漫画を味わうことが可能なわけですから、労力をかけて漫画を持ち歩くことも不要で、カバンの中の荷物が軽減できます。
BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 王が眠る 神秘の遺跡/父と息子・執念の吉野ヶ里のサイト次第では、1巻を丸ごと料金なしで試し読みできるというところもあるのです。1巻は無料にして、「楽しかったら、残りの巻を購入してください」という販売システムです。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか成しえない全くもって斬新な挑戦になるのです。ユーザーにとっても著者サイドにとっても、利点が多いと考えていいでしょう。


ページの先頭へ