BookLive「ブックライブ」の死の点滴無料試し読み


薬物中毒患者が死亡した翌日、治癒間近の十二指腸潰瘍患者も急変し命を落とした。「おかしい」O大学病院から当直にきていた医師・倉石祥子は疑惑を抱く。点滴使いまわし及び使用期限切れの薬剤使用疑惑、そこに不可解な殺人が──。同じ頃、O大学医学部では欲と金にまみれた教授選が始まっていた。白亜の虚塔に鋭いメスを入れる、現役医師作家による書き下ろし医療ミステリー!
続きはコチラ



死の点滴無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


死の点滴詳細はコチラから



死の点滴


>>>死の点滴の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」死の点滴の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する死の点滴を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は死の点滴を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して死の点滴を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」死の点滴の購入価格は税込で「972円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




趣味が漫画を読むことだというのを隠しておきたいという人が、この頃は増えているのだそうです。家に漫画を放置したくないというような状況でも、BookLive死の点滴の中なら人に隠した状態で漫画を満喫できます。
BookLive死の点滴の販促戦略として、試し読みができるという仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間を忘れてマンガの内容を読むことが可能なので、空いている時間を賢く使って漫画を選べます。
漫画や書籍は、書店で内容を確認して購入するかを決める人が大半だと聞きます。ただ、今日日はBookLive死の点滴を利用して最初の巻だけ読んで、その本を買うか判断する人が増加しています。
「電子書籍に抵抗感を持っている」という本好きな方も少なくありませんが、一度でもスマホを介して電子書籍を閲覧したら、その利便性や決済の簡便さからドハマりする人が大半だそうです。
「買った漫画がありすぎて難儀しているので、購入するのをためらってしまう」という事が起こらずに済むのが、BookLive死の点滴の利点です。次々に買おうとも、スペースを考慮しなくてOKです。


ページの先頭へ