BookLive「ブックライブ」のウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~無料試し読み


「暴露サイト」と報じられるウィキリークスの本質とは何か? 犯罪者扱いされている創設者ジュリアン・アサーンジとは何者か? なぜウィキリークスの出現は「情報の9・11」と言われるのか? 記者クラブが情報統制を行い真のジャーナリズムが存在しない日本では報じられない“事実”を解説。「ものすごい勢いで誕生しつつある新しいメディアと、取り残される日本。心が熱くなる。すべからく読むべし!」――茂木健一郎氏推薦!【光文社新書】
続きはコチラ



ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~詳細はコチラから



ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~


>>>ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~の購入価格は税込で「616円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




全ての人に等しく与えられた時間を大切にしたいと考えているなら、空き時間を如才なく活用することを考えるべきです。アニメ動画の視聴くらいはバスの中でも可能ですから、こういった時間を有効利用するのがおすすめです。
「すべての本が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という漫画マニアの発想からヒントを得て、「固定料金を払えば購入の度に決済しなくてよい」という形の電子書籍が登場したのです。
話題のタイトルも無料コミックであれば試し読みできます。スマホやパソコンなどで読めちゃうので、自分以外に知られたくないとか見られるとバツが悪い漫画もコソコソ楽しむことができるのです。
電子書籍については、気が付いたら料金が跳ね上がっているということが無きにしも非ずです。けれども読み放題プランを利用すれば毎月の支払いが固定なので、どれだけ読了したとしても金額が高くなりすぎるなどということはあり得ないのです。
「電車で移動中に漫画を読むなんて絶対に無理」と言われるような方でも、スマホの中に漫画を保管しておけば、人目を意識することから解放されます。こうしたところがBookLiveウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~の特長です。


ページの先頭へ