BookLive「ブックライブ」の男の論語(下)無料試し読み


「学問の聖人または神様」と称されている古代中国の思想家、孔子。しかし、つぶさに『論語』を読んでみれば、「神格化された存在」と考えるべきではないことがわかる。弟子の問い掛けに答えを詰まらせたり、逃げたり、弟子の才能に対し侮ったり、または嫉妬心を抱いたりもしている。はなはだ人間的な側面を見せているのだ。その「人間」孔子が、上に立つ者とは何か、部下とは何か、働くことの意味とは何か、などをテーマに弟子との対話を繰り返して考え抜いたやりとりを収めた『論語』。そのなかに秘められた時代を超えてなおみずみずしい実用性は、現代日本に生きる我々も共感でき、学びうる点があるのではないか。本書は孔子の人間的側面を際立たせながら、その思索のあとをたどり、今に活かす実用的な知恵を見出す。上巻に引き続き「第十二顔淵篇」から「第二十尭曰篇」まで読み解きつつ、ビジネスマンの行動哲学を探究する、永く座右の友としたい一冊。
続きはコチラ



男の論語(下)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


男の論語(下)詳細はコチラから



男の論語(下)


>>>男の論語(下)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」男の論語(下)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する男の論語(下)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は男の論語(下)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して男の論語(下)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」男の論語(下)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




放映されているものをテレビ番組のスケジュール通りに見るのはとても大変ですが無料アニメ動画という形で視聴できるものなら、あなた自身のお好きなタイミングにて楽しむことだってできるわけです。
老眼で近いものが見にくくて困っているという読書が生きがいの高齢の方には、スマホ上で電子書籍を楽しむことができるというのは、大いに意味のあることなのです。フォントサイズを自分好みに調整できるからです。
わざと無料漫画を閲覧できるようにすることで、利用者数を増やし売上増加へと繋げるのが電子書籍サイトの利点ですが、一方のユーザー側にとっても試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。
少し前のコミックなど、お店では取り寄せを頼まなくては手元に届かない書籍も、BookLive男の論語(下)の形でバラエティー豊かに取り扱われているので、スマホのボタンを操作するだけでオーダーして読み始められます。
ちゃんと比較してから、最適なコミックサイトを決めるという人が多くなっているそうです。電子書籍で漫画を楽しみたいと言うなら、幾つものサイトの中より自分にふさわしいサイトをチョイスすることが大事です。


ページの先頭へ