BookLive「ブックライブ」の生誕祭(下)無料試し読み


世間はまだ、バブルの熱に浮かされ続けていたが、近いうちに地価も株価もガラスの天井にぶつかることを予測した齋藤と彰洋。手に入れた土地と株の売り逃げをして大金をつかみ、ニューヨークのど真ん中にビルを建て、自分たちの王国をつくる──夢を叶えるため、自分の恋人にも嘘を塗り重ねてマネーゲームに奔走する。騙し欺かれて、疲れ果てた彰洋は、次第にコカインとセックスに溺れていく。この狂ったゲームの果てに金を手に入れるのは、彰洋か、麻美か、齋藤か!?
続きはコチラ



生誕祭(下)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


生誕祭(下)詳細はコチラから



生誕祭(下)


>>>生誕祭(下)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」生誕祭(下)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する生誕祭(下)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は生誕祭(下)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して生誕祭(下)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」生誕祭(下)の購入価格は税込で「760円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




今流行りの無料コミックは、スマホやタブレットがあれば見ることができます。外出中、昼食後、クリニックなどでの順番が来るまでの時間など、自由なタイミングで楽々読むことができるのです。
「連載物として売られている漫画が読みたい」という人には必要のないサービスです。ただし単行本が発売になってから見るという方々からすると、単行本を買う前に無料漫画にて大筋をチェックできるのは、本当にありがたいことだと言えます。
無料漫画が楽しめるという理由で、ユーザー数が増加するのは必然です。本屋さんとは違って、他人の視線を気にすることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍のメリットです。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトをできるだけ比較して、自分に合っているものを選定することが不可欠です。そうすれば失敗することも少なくなります。
電車に乗っている間などのわずかな時間を使って、無料漫画をチョイ読みして興味がそそられた本を絞り込んでおけば、後で時間が確保できるときに手に入れて続きを満足するまで読むってこともできます。


ページの先頭へ