BookLive「ブックライブ」の殺しへの招待無料試し読み


わたしはあなたがよくご存知のある男の妻です。ひと月以内にその男の死亡通知が届くでしょう。彼は実は殺されるのです。そして殺すのはわたしです。こんな殺人予告状が夫とその四人の知人宛に送られてきた。受け取った五人の男は、自分が手紙の中の条件に合致しているのに衝撃を受け、疑心暗鬼になりながらもなんとか対処の方策を得ようと知恵をしぼる。はたして標的とされているのは、この自分なのだろうか。だが、事態は二転三転。ユーモラスなタッチで描く、ひねりの利いたプロット。出色の長編推理!
続きはコチラ



殺しへの招待無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


殺しへの招待詳細はコチラから



殺しへの招待


>>>殺しへの招待の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」殺しへの招待の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する殺しへの招待を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は殺しへの招待を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して殺しへの招待を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」殺しへの招待の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「連載という形で提供されている漫画を買い求めたい」という人には無用なものです。ところが単行本として出版されてから入手するという方々からすると、単行本を購入する前に無料漫画で内容を試し読みできるのは、本当に役立ちます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、扱うタイトル数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと言われます。在庫が残る問題が起こらないので、たくさんの商品を取り扱うことができるというわけです。
マンガ雑誌などを購入したいというときには、パラパラとストーリーをチェックした上で決める人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じでストーリーを確かめることが可能なのです。
どこでも無料漫画が楽しめるということで、利用者数が急増するのはある意味当然だと言えます。本屋とは違って、人の目を気にすることなく立ち読みすることが可能なのは、電子書籍だけの利点なのです。
サービスの内容は、会社によって違います。そういうわけで、電子書籍を何所で買い求めるのかというのは、比較して考えるべきだと考えています。あっさりと決めるのは禁物です。


ページの先頭へ