BookLive「ブックライブ」のリレキショ無料試し読み


「弟と暮らすのが夢だったの」という“姉さん”に拾われて、彼女の弟となった19歳の「僕」。新しい名前は「半沢良」。面接用に書いた「半沢良」の履歴書に、物足りなさを感じた「僕」は、真っ白な紙にもうひとつの「リレキショ」を書き上げる。免許・資格は「どこでもいける切符」。趣味・特技は「護身術」と「アイロンがけ」。無事、深夜のガソリンスタンドで働くことになった「僕」は、ある日、1通のラブレターを受け取る…。
続きはコチラ



リレキショ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


リレキショ詳細はコチラから



リレキショ


>>>リレキショの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」リレキショの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するリレキショを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はリレキショを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してリレキショを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」リレキショの購入価格は税込で「463円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍も一般の書籍同様に情報自体が商品なので、つまらないと感じても返品することはできません。なので自分に合うかを確かめるためにも、無料漫画を閲覧する方が賢明です。
なるべく物を持たないというスタンスが多くの人に受け入れてもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく紙という媒体で所有することなく、BookLiveリレキショを経由して愛読するという人が多くなったと聞いています。
スマホ1台あれば、好きな時に漫画漬けになることが可能なのが、コミックサイトの良いところです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや月額料金制のサイトなど様々です。
わざと無料漫画を配置することで、利用者数を引き上げ収益増加へと結びつけるのが電子書籍会社の目的ですが、当然ユーザーにとっても試し読みができるので、メリットがあると言えます。
漫画などは、本屋で中を確認して購入するかどうかを決定する人ばかりです。ところが、ここ数年はとりあえずBookLiveリレキショで簡単に内容を確認して、その書籍をDLするか判断する人が増えているとのことです。


ページの先頭へ