BookLive「ブックライブ」の経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか無料試し読み


経済学者・野口悠紀雄氏の日本経済論。1970年代以降の世界の構造変化を振り返ることで、今日の日本経済停滞の原因を明らかにしていく。この40年の変化のうち特に大きいのは、冷戦の終結、1990年代に起きたIT革命と金融革命、中国の工業化だといえよう。それらを経て、世界経済は資本や人的資源がグローバルに移動する時代を迎えた。その中で日本は、IT革命・金融革命という変化に抵抗し、モノづくりにこだわり続けてきた。日本は製造業が生み出したモノの輸出はしているが、カネとヒトのグローバルな移動という観点からすると、未だに鎖国状態にある。40年間に起きた世界の構造変化に対応できていないのだ。「2007年からの金融・経済危機は企業と産業の、そして国家の、壮大な選別過程だった。アメリカは危機を通り抜けて強くなったように見える。日本がこれから探求すべきは、脱工業化社会への道筋だ」と著者は強調している。本書は、2010年4月に東洋経済新報社より刊行された『経済危機のルーツ』を電子書籍化したものです。
続きはコチラ



経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか詳細はコチラから



経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか


>>>経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかの購入価格は税込で「1555円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料漫画については、店舗での立ち読み的なものだと言うことができます。楽しめるかどうかを概略的に確かめてから手に入れられるので、ユーザーも安心できるのではないでしょうか。
常日頃よりよく漫画を読むという人からすれば、月に一定料金を払うことで何十冊でも読み放題で閲覧することができるという仕組みは、まさに画期的と言えるのではないでしょうか?
コミックの発行部数は、このところ下降線をたどっているという現状です。今までの販売戦略にこだわらず、積極的に無料漫画などを展開することで、新規顧客数の増大を狙っているのです。
趣味が漫画集めなのをあまり知られたくないと言う人が、ここ最近増えていると言われています。自宅には漫画の隠し場所がないといった事情があっても、BookLive経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかだったら人に内緒のままで漫画に没頭できます。
あらすじが分からない状態で、表題を見ただけで漫画を買うのは困難だと言えます。タダで試し読みができるBookLive経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのかなら、それなりに内容を吟味した上で買うことができます。


ページの先頭へ