BookLive「ブックライブ」の頭をよくする「使える100冊」無料試し読み


『週刊エコノミスト』で、2001年から「和田秀樹の頭を良くする本」という連載を始めたのだが、私は「頭をよくする」=「結果的に頭がよくなる」という広い意味で考えた。たとえば、健康に関する本を読むことで多少なりとも健康に悪いことをやめ、体の状態が回復すれば、そのおかげで勉強や仕事もはかどるだろうし、よけいな気遣いも減るので、仕事や勉強に専念しやすくなる。すると、結果的に頭がよくなる。子供の教育がうまくいくかどうかが仕事に影響するということも、近年では珍しくない。それが解決することも、頭がよくなることにつながる。最近のEQ(感情の知能)の考え方だと、人間関係をよくすることも、広い意味で頭をよくすることになる。(「まえがき」より)
続きはコチラ



頭をよくする「使える100冊」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


頭をよくする「使える100冊」詳細はコチラから



頭をよくする「使える100冊」


>>>頭をよくする「使える100冊」の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」頭をよくする「使える100冊」の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する頭をよくする「使える100冊」を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は頭をよくする「使える100冊」を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して頭をよくする「使える100冊」を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」頭をよくする「使える100冊」の購入価格は税込で「800円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




マンガ雑誌などを購入する際には、数ページめくって中身を確認した上で決定する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みのように内容を閲覧することができるのです。
最初に試し読みをして漫画のイラストとか話を吟味した上で、納得して手に入れられるのがWebBookLive頭をよくする「使える100冊」のメリットです。買う前に内容を把握できるので失敗を気にすることはありません。
現在連載中の漫画は何冊も購入しないといけないため、とりあえず無料漫画で中身を覗いてみるという人が少なくありません。やはりあらすじを知らずに書籍を買うというのは難しいことだと言えます。
いつでも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が急増するのは当然だと言えるでしょう。店頭とは異なり、人の目を気にすることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍の良い所だと言えるのではないでしょうか?
人前では広げて読むことさえ躊躇してしまうという内容の漫画でも、無料漫画サービスのある電子書籍だったら、面白いかを確かめてから購入することが可能なわけです。


ページの先頭へ