BookLive「ブックライブ」の十四番目の月無料試し読み


スーパーへ連れて来た子供がいない…! 主婦の桑島樹奈は、買い物中に2歳の娘を誘拐される。犯人からの要求は身代金2千万円。だが、受け渡し場所の指示を次々に変えてくる。そして犯人は誰とも接触することなく金を奪った。一方、シングルマザーのピアニスト・奈津子は現場のホテルで演奏をしていたことから事件と関わりを持ち、誘拐事件を調べ始めるが…。果たして犯人はどうやって金を奪ったのか? その子が狙われた理由は? 女性心理を巧みに描く傑作心理ミステリ。
続きはコチラ



十四番目の月無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


十四番目の月詳細はコチラから



十四番目の月


>>>十四番目の月の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」十四番目の月の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する十四番目の月を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は十四番目の月を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して十四番目の月を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」十四番目の月の購入価格は税込で「789円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍ビジネスには色々な企業が進出してきていますから、間違いなく比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決定するようにしたいものです。広範囲な本が揃っているかとかコンテンツ、価格などを確認すると間違いありません。
スマホやタブレットで電子書籍を入手すれば、バスや電車での通勤中やお昼休みなど、場所に関係なく楽しめます。立ち読みも可能なので、本屋まで出かける手間が省けます。
マンガの売れ上げは、残念ながら減少傾向を見せている状態です。似たり寄ったりな販売戦略に固執せず、直接的には利益にならない無料漫画などを打ち出すことで、利用者数の増加を狙っています。
決まった月極め金額を支払うことで、多岐にわたる書籍をどれだけでも読めるという読み放題サービスが電子書籍で大人気です。毎回購入せずに済むのが一番の利点です。
サービスの具体的な中身に関しては、提供会社によって変わります。ですので、電子書籍を何所で買い求めるのかというのは、比較すべき内容だと言えるのです。簡単に決めるのはよくありません。


ページの先頭へ