BookLive「ブックライブ」の電子出版の未来図無料試し読み


2010年は「電子出版元年」といわれた。出版業界は右往左往したが、まだ先行きが見通せないでいる。市場規模2兆円に届かないほどの業界かもしれないが、ライターやカメラマンから組版会社、印刷会社、取次、書店と従事する人の職種は幅広い。では、電子書籍リーダーで紙の本はなくなるのか。出版社や編集者はもういらないのか。2011年はどの方向に進んでいくのか。そんな疑問に答えるのが、米国在住の若きIT起業家。著者は、日本に先駆けて米国で起業し、いち早く電子出版を始め、自らの体験的電子出版論で日本の未来図を描き出す。詳しくは本文に譲るとして、その将来像を「ソーシャル・メディア」というキーワードで説明する。タイトルを「電子書籍」ではなく「電子出版」としたのは、ビジネス(出版業)に重きを置いたから。出版業界はもちろんのこと、IT業界、クリエイターたちに読んでもらいたい1冊である。
続きはコチラ



電子出版の未来図無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


電子出版の未来図詳細はコチラから



電子出版の未来図


>>>電子出版の未来図の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」電子出版の未来図の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する電子出版の未来図を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は電子出版の未来図を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して電子出版の未来図を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」電子出版の未来図の購入価格は税込で「650円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive電子出版の未来図の販促方法として、試し読みができるというサービスはすごいアイデアだと思います。時間を忘れてある程度の内容を閲覧できるので、自由な時間を有効活用して漫画選びができます。
いつも持ち歩くスマホに漫画を丸々収めれば、本棚に空きがあるかどうかを気にする必要が一切ありません。先ずは無料コミックからチャレンジしてみた方が良いと思います。
本などについては、書店で試し読みして買うことにするかどうかの結論を出す人が過半数を占めます。しかし、今日ではひとまずBookLive電子出版の未来図サイトで最初の巻だけ読んで、それを買うのか買わないのか判断する方が増えているようです。
一言で無料コミックと言われても、扱われているカテゴリーは広範囲に亘ります。少年漫画だけでなくアダルト系も揃っていますから、気に入る漫画を間違いなく見つけ出せるはずです。
「他人に見られる場所に置き場所がない」、「所持していることも内緒にしたい」ような漫画でも、BookLive電子出版の未来図を上手く使えば他人に内緒のままで見ることができます。


ページの先頭へ