BookLive「ブックライブ」の神社の由来がわかる小事典無料試し読み


現在わが国の神社総数は十一万余。そのうち、神社本庁管轄の宗教法人は約八万を数える。しかし、神社には二つとして同じものはない。「お稲荷様」「八幡様」「天神様」の名で親しまれる各神社も、祭神は同じだが、由来、祭り、建築物などはそれぞれ異なっている。日本人にとって八百万の神々とは何か。神社はいかに生活に溶け込んだのか──。本書では、その起源、御利益、社格の違いなどをわかりやすく解説する。なぜ「神社」を「杜(もり)」と呼ぶのか。「万葉集」では、神社の二文字を「もり」と読んでいるという。あるいは、「神宮」「神社」「大社」の違いを知っているだろうか。本来、「神宮」といえば皇祖神天照大神を祀る伊勢神宮だけを指す。そして「大社」とは、代表格の神を祀る神社のことである。さらに、「注連縄(しめなわ)」「堅魚木(かつおぎ)」「狛犬(こまいぬ)」とは何か。なぜお祭りで御神輿をかつぐのか……。神道学の碩学が、太古より伝わる神の道を解き明かす。
続きはコチラ



神社の由来がわかる小事典無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


神社の由来がわかる小事典詳細はコチラから



神社の由来がわかる小事典


>>>神社の由来がわかる小事典の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」神社の由来がわかる小事典の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する神社の由来がわかる小事典を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は神社の由来がわかる小事典を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して神社の由来がわかる小事典を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」神社の由来がわかる小事典の購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




時間がなくてアニメを見ることが出来ないという社会人にとっては、無料アニメ動画が便利です。テレビ放送のように、毎週定時に視聴する必要がありませんから、ちょっとした時間に楽しめます。
読み放題というのは、電子書籍業界からすればさながら画期的とも言える試みです。ユーザーサイドにとっても著者や出版社にとっても、メリットが多いと言うことができます。
スマホを使って読む電子書籍は、便利なことに表示文字のサイズをカスタマイズすることができるので、老眼で見えにくい60代以降の方でもスラスラ読めるという利点があると言えます。
1ヶ月分の月額料を支払うことで、諸々の書籍を思う存分読めるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。その都度購入する手間が掛からないのが人気の理由です。
各種サービスを凌いで、ここまで無料電子書籍サービスが一般化していきている要因としては、地域密着型の本屋がなくなりつつあるということが考えられます。


ページの先頭へ