BookLive「ブックライブ」の偏愛的作家論無料試し読み


小説本来の楽しみとは、スタイルを味わうことにあるとする著者が、石川淳、三島由紀夫、久生十蘭等、二十四人の日本作家へ捧げたオマージュ。乱歩の「玩具とユートピア嗜好」を探るかと思えば、『黒死館殺人事件』への傾倒ぶりを語り、南方熊楠こそ「悦ばしき知恵」の体現者であると自在に筆をすすめていく、本の快楽主義者のための書。
続きはコチラ



偏愛的作家論無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


偏愛的作家論詳細はコチラから



偏愛的作家論


>>>偏愛的作家論の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」偏愛的作家論の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する偏愛的作家論を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は偏愛的作家論を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して偏愛的作家論を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」偏愛的作家論の購入価格は税込で「616円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホで閲覧する電子書籍は、便利なことにフォントサイズを調節することができますから、老眼の為に読書を諦めていた60代以降の方でもサクサク読めるという特長があるというわけです。
「持っている漫画が多すぎて置き場所が確保できないから、買うのを躊躇してしまう」ということがありえないのが、BookLive偏愛的作家論を一押しする要因です。どんなに数多く買ってしまっても、整理整頓を考慮しなくてOKです。
書籍の購入費用は、1冊あたりの金額で見ればそれほど高額ではありませんが、たくさん購入してしまうと、月単位の利用料金は嵩むことになってしまいます。読み放題を活用すれば金額が固定になるため、書籍代を節約できるはずです。
電子書籍と言う存在は、気が付いたら金額が高くなりすぎているということが想定されます。一方で読み放題でしたら毎月の利用料が固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても利用料金が高額になるという心配がありません。
漫画を買う人の数は、残念ながら少なくなっているというのが実際のところです。以前と同じような販売戦略に捉われず、誰でも読める無料漫画などを前面に打ち出すことで、利用者数の増加を図っています。


ページの先頭へ