BookLive「ブックライブ」の教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)無料試し読み


平成20年度に幼稚園教育要領と保育所保育指針が同じタイミングで改訂されてから4年。その間幼保小連携についてさまざまな動きがあったが、今月は横浜市の幼保小連携を担当するこども青少年局子育て支援課に現状と課題について取材した。
続きはコチラ



教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)詳細はコチラから



教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)


>>>教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)の購入価格は税込で「174円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「サービスの比較はせずに選定した」というような方は、無料電子書籍はどこも変わり映えしないという認識でいるのかもしれないですが、サービスの中身は提供会社によって異なりますから、比較してみることは大切です。
「自室に置いておきたくない」、「読んでいるんだということをトップシークレットにしておきたい」という感じの漫画でも、BookLive教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)ならば近くにいる人に隠したまま購読できます。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題なら、これほど素晴らしいことはない」という利用者目線の発想を反映するべく、「月に固定額を払えば個別料金は発生しない」という形式の電子書籍が登場したのです。
単行本は、書店で立ち読みして購入するかしないかの判断を下す人がほとんどだと聞いています。だけど、このところはBookLive教育ジャーナル2012年10月号Lite版(第1特集)を介して簡単に内容を確認して、その書籍を買うのか否かを決める方が多くなってきています。
昨今、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊単位でいくらではなくて、月額いくらという料金徴収方式を採っているのです。


ページの先頭へ