BookLive「ブックライブ」の迷宮の扉無料試し読み


金田一耕助の行く所、必ず事件あり。三浦半島巡りを楽しんでいた金田一は、嵐に遭い、竜神館という屋敷へ逃げこんだ。直後、一発の銃声と共に背中を撃たれた男が土間に倒れこんできた。殺された男は、毎年この屋敷の主、東海林日奈児少年の誕生日に、カードを届け、ケーキを切りにくる男だった。莫大な財産をめぐる人々の葛藤をテーマに、完璧なトリックと緻密な構成で描く傑作本格推理、ほか二篇。カバーイラスト/杉本一文
続きはコチラ



迷宮の扉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


迷宮の扉詳細はコチラから



迷宮の扉


>>>迷宮の扉の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」迷宮の扉の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する迷宮の扉を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は迷宮の扉を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して迷宮の扉を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」迷宮の扉の購入価格は税込で「496円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




近頃はスマホを介してエンジョイできる趣味も、グングン多様化が図られています。無料アニメ動画はもとより、無料電子書籍やスマホゲームなど、バラエティー豊かなサービスの中から選べます。
居ながらにしてDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍が支持されている理由です。書籍売り場まで行く必要も、ネットで決済した本を届けてもらう必要もないというわけです。
漫画本というのは、読み終わったのちにブックオフなどに買取って貰おうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、再度読みたくなった時に読めません。無料コミックを上手く利用すれば、本をしまっておく場所が不要なので片付けに悩むことがなくなります。
「人目につく場所に所持しておきたくない」、「所持していることも隠しておきたい」ような漫画でも、BookLive迷宮の扉を活用すれば他の人に内密にしたまま見ることができます。
本離れが指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は新しいシステムを展開することによって、新規のユーザーを増加させています。斬新な読み放題というプランが数多くの人に支持されたのです。


ページの先頭へ