BookLive「ブックライブ」の江戸の芸術無料試し読み


浮世絵に関するものを中心に1920年にまとめて刊行された「江戸芸術論」に、別のところで発表された「浮世絵」「鋳掛松」「為永春水」を加えて新たに編成した荷風の江戸芸術論。「浮世絵」「浮世絵の鑑賞」「鈴木春信の錦絵」「浮世絵の山水画と江戸名所」「泰西人の見たる葛飾北斎」「ゴンクウルの歌麿及北斎伝」「欧米人の浮世絵研究」「浮世絵と江戸演劇」「衰頽期の浮世絵」「鋳掛松」「狂歌を論ず」「為永春水」「江戸演劇の特徴」の13編を収めた。
続きはコチラ



江戸の芸術無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


江戸の芸術詳細はコチラから



江戸の芸術


>>>江戸の芸術の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」江戸の芸術の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する江戸の芸術を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は江戸の芸術を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して江戸の芸術を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」江戸の芸術の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




気軽にDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍の利点です。書店まで行く必要も、ネットで決済した本を郵送してもらう必要もないのです。
「どの業者のサイトを利用して本を買うことにするか?」というのは、想像以上に大切なことだと考えます。料金やシステム内容などが違うのですから、電子書籍というのは比較しなくてはならないと断言します。
誰でも読める無料漫画を読めるようにすることで、サイト訪問者を増やし売り上げ増加に繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての目論みだと言えますが、一方利用者も試し読みができるので、良い判断材料になります。
サイドバックを持ち歩く習慣のない男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍が読めるというのはとても便利です。言ってみれば、ポケットに保管して本とか漫画を持ち運べるというわけなのです。
1台のスマホで、気の向くままにコミックを読みまくることが可能なのが、コミックサイトの便利なところです。買うのは1冊単位というタイプのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなどいろいろ存在します。


ページの先頭へ