BookLive「ブックライブ」のあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで無料試し読み


金融システムは私たちの経済生活を支えている。しかし、その核となる「銀行」について知られていないことは驚くほど多い。たとえば、「銀行は預金でも貸出でも利益をあげていない」「貸し渋りを受けた中小企業は4%に過ぎない」「ALMという隠れた利益の源がある」といったことである。本書では、メガバンク誕生の歴史や預金・貸出業務の現実から始まり、ALMというしくみ、金融技術、あしたの銀行像までを解説する。そうした銀行に関する正確な知識は、私たちの経済生活の礎となるはずだ。あしたのための「銀行学」を学び、正しい判断力を養える一冊。
続きはコチラ



あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで詳細はコチラから



あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで


>>>あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本を購読するつもりなら、BookLiveあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでサービスでちょっとだけ試し読みするというのが今では一般的です。大体のあらすじや登場する人物の外見などを、事前に確認できて安心です。
スマホがたった1台あれば、好きな時にコミックにどっぷり浸ることができるのが、コミックサイトの特長です。1冊1冊で買うタイプのサイトや月額料金が固定のサイトなどに分類できます。
このところ、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というサービスが提供され人気急上昇中です。1冊いくらではなくて、1カ月単位でいくらという販売方法です。
物語という別世界に没頭するのは、ストレスを解消するのにかなり役に立つことが分かっています。深淵なメッセージ性を持った内容よりも、明るく朗らかな無料アニメ動画の方が高い効果を得ることができます。
あえて無料漫画を並べることで、利用者数を引き上げ収益増加へと結びつけるのが販売会社側のメリットですが、同時にユーザーも試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。


ページの先頭へ